【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

「交渉人 真下正義」の勝ち、の巻。

最近、僕の中を通り過ぎた映画。

★ 「サハラ」
うーん、まったくの期待外れ。いまどき、あれぐらいのCGを見ても驚きも興奮もしません。
じゃ、ストーリーが面白いのかといえば、第二次大戦のドイツと核兵器密造を絡めても、最後まで盛り上がらず、で‥‥。
【面白かった度=★★☆☆☆】

★ 「交渉人 真下正義」(本広克行監督)
「九段下駅、封鎖できませ~ん!」とおなじみのセリフも飛び出し、けっこう楽しめ真下正義。
無人のハイテク試作車両「クモ」のデザインも良かったし、チラリ都市伝説「謎の地下トンネル」「隠された脇線」も絡めてあり、あきさせない展開とテンポの良さ。
秋葉原、携帯電話、パソコン駆使とオタクの犯行かと思ったら‥‥犯人は結局‥‥。

指令センター長の国村隼、アリキリの石井正則クン、刑事の寺島進さんがいい味を出して真下正義(くどい)。
【面白かった度=★★★★☆】
[PR]
by suginami458 | 2005-06-24 18:28