【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

映画「セブンソード」試写会の帰りにネクタイを発見。編

新宿で「セブンソード」ジャパンプレミア試写会を見た。中国・香港・台湾・韓国の出演者が挨拶していたけど知らない人たちばかりで…。

★ 映画コピーは
「黒澤明監督に捧げるオマージュ/4分間のスタンディング・オベーションでベネチア映画祭絶賛! 『hero』『lovers』に続く〝武侠〟超大作第3弾! さあ、目を開け。これが本物の武侠だ。7人分の英雄伝説、7人分の衝撃」
とあるけど、前作を見てないから、どうも「……」ばかりで。跳び上がったりのワイヤアクションもあきたし。

★ すっかり秋の気配の夜の新宿の帰り道。あっ、またネクタイが落ちてる! 実は以前も(映画の帰り)新宿伊勢丹別館前でネクタイを発見、夜の暗さに紛れて見つけたことがあったのだ(もちろんアルコールが入っていたし)。それが何と有名ブランドもので、さすが伊勢丹だ! なんて思った。

★ でも何でネクタイが落ちているのか? 落とすシチュエーションが分からない。
①歌舞伎町だから、暴力団関係者が誰かの首を絞めようとした。
②酔ったお父さんが、病気のお殿様の真似をして頭にネクタイを巻いたが、女子社員に小突かれ落とした。
③歌舞伎町だから、誰かに追われた人が走りすぎて疲れてはずした。

‥‥さすがに今回のはブランドものではなく、歌舞伎町デザインだったので、踏み付けたけど。

【映画「セブンソード」面白度=★★☆??】
[PR]
by suginami458 | 2005-09-28 20:07 | 小説・エンターテインメント