【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

■ 紅葉はどうなっているのだ?/鎌倉編。

d0028933_18311389.jpg
秋だ! そういえば紅葉はどうなっているのだ――と、知人と鎌倉に行った。

★ まずは鶴ヶ丘八幡宮。早い話は、まだでした=写真。マゼンタ7%+BL20%+Y10%+C70%といったところ。まあ、古都だから早く色づくなんて古都もないのだから当然。
でも、ここは木々のレイアウトがいいので、本番は期待できそう。赤、オレンジ、茶、黒緑…この配置の妙が大事なのだ。自然のアートディレクターは本当に凄い。上の山のほうは少しだけマゼンタが濃くなっていたような。

★ 疲れて珈琲を飲むには、小町通りを少し行った路地裏(というか住宅街の中)にある「ミルクホール」がいい。ライトなジャズが流れ、古道具屋のなかといった感じ。センスの良さを感じられる店。コーヒー600円。

★ で、次は北鎌倉の円覚寺。ここも全然でした。本数が少なく、桜の季節も見栄えがしなかったので、秋もあまり期待できそうもないなあ。でも、ここは駅の前という絶好のアクセスの良さを誇る寺。上から見下ろした、山門に切り取られた風景は小津映画のシーンみたい。

★ 便利になったなあ、鎌倉。湘南新宿ライン乗り換えなし一本59分なのだ。でも日曜夜の上りのグリーン車両はオバサンたち占拠状態で‥‥トホホ。

【10月下旬の紅葉=★☆☆☆☆】
[PR]
by suginami458 | 2005-10-25 18:31 | 小説・エンターテインメント