【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

オジサンの聖地に○○は立入禁止なのだ、編。

d0028933_17563535.jpg
ダイエー本社(東京・芝)の帰途、煙たなびく一角があった。JR浜松町駅から数分、立ち呑み処「秋田屋」=写真。オジサンたちの聖地なのだ。

★ 最近はスタンディングバーなんていって、ニューウエーブの店を集めて「トウキョウ立ち呑みスポット」というガイドブックも出ているけれど、ここは保守本流の店。白い上っ張りを着たオバサンとオジサン、お兄さんがフル回転していた。オープンエアな空間で(早い話、道路に出ているだけ)日刊ゲンダイを読みながら、あるいはタバコを吸いながらのオジサンが絵になる。冷やっこ350円、牛煮込み450円。

★ ところが、「最近、オネエチャンが進出してきて、もう本当に困るのだ」と知り合いのオジサンが怒っていた。このオジサンは東京・西新宿の「十徳」、新橋の「ジャンケンポン」、新宿三丁目の「人生再生酒場」、大阪ミナミ、大阪駅「松葉」など、各地の立ち呑み処を歩き回っている方。「化粧のにおいをプンプンさせて来るな。こういうところの流儀をわきまえろ」。

★ ホントだよね、オジサンたち緊張しちゃってゆっくりできない。〝ちょい場末〟〝ちょい裏ぶれ〟感が味なんだから。

【浜松町「秋田屋」=★★★☆☆】一見さんにはちょっと店の流儀が分からず‥‥。
[PR]
by suginami458 | 2005-12-02 17:56 | 小説・エンターテインメント