【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

勝手に朝日紙面審査委員会②、編。

d0028933_15453374.jpg
「人は見た目が九割」(新潮新書)っていうけど、新聞も見た目が九割だ。やっぱりきれいで読みやすくないと避けたい、食指が動かない。

★ 僕は「毎日新聞」のインテリジェントブルー題字が好きだ=写真左。さわやかだな。見事に他紙との差別化に成功している。
で、写真右の朝日新聞(12月11日付東京本社版)の見出しは実に不快で、思わず朝刊を読みたくなくなった。
白抜きベタ地紋4段 「教室施錠『逃がさぬため』/京都・小6殺害/塾講師が供述」

★ 「逃がさぬため」‥‥こ、これはないだろう。確かに記事を読めば、この見出しは取りやすいけれど、極めて残忍性が前面に出すぎている。ほかのところを見出しに取った方が良かったんじゃないのかなあ。文句なく『輝け! 2005年不快見出し大賞』を上げたい。朝、新聞見出しで、いや~な気持ちになるのは嫌だ。
[PR]
by suginami458 | 2005-12-14 15:45 | 小説・エンターテインメント