【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

今夜、すべてのバーで/京都編、の巻。

d0028933_13172060.jpg
京都の老舗ジャズバー「YAMATOYA」で面白い人に会った。


ミャー、ミャー、ミャー。あれ、何の声だろう。
ふと、カウンターの横を見ると、ぬいぐるみのようなかわいい猫が=写真左。
「あの…それ、生きているんですか。本物なんですか」
「ええ、生後10日ぐらいの子猫なの。捨てられていたんですよ。もう1匹いたんですが……」
と妙齢の女性。猫はかわいいし、飼い主はきれいだな。

よくよく話し込んでみると、なんとこの女性、浄土真宗大谷派(いわゆる東本願寺)の僧侶。
さすが、京都のバー。客層が違う。
僕も子猫に向かって「おまえは生きなくちゃな、せっかく慈悲深い人に拾われたんだから」。
ミャー。わかってくれたみたい。

さらに、話し込んでみると、僕がここ数年捜していた女性だったことが判明。捜していたんですよ、ずーと。
以前、週刊新潮で「京都に坊さんバー登場」という記事があって気になっていた方。そう、この方、僧侶兼バーのママさんなのだ。さすが京都、仏教の本場。


もらった名刺には「彌光庵」とある。おお、つまり、阿弥陀さまの光が届く庵なのですね! 
「また、お会いしましょう」と言ったかどうか忘れたけど、またお会いしたいと思っております。

何があるかわからないのが旅(ヘミングウェイ)。


そうだ、また京都行こう。
[PR]
by suginami458 | 2005-05-08 13:17