【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

2005年 05月 24日 ( 1 )

角川春樹氏に会った日のこと、の巻。

d0028933_14161329.jpg
「戦艦大和映画化/『男たちの大和』」の記事を読んでいたら、角川春樹氏(角川春樹事務所特別顧問、元・角川書店社長)に会った日のことを思い出した。

あれは去年のこと。
服役出所記念パーティーか、獄中歌集=写真=出版記念会か、宇治茶色の羽織姿の、扇子を片手の春樹氏がいた。
病気のためか少し痩せてはいたが、相変わらずの眼光の鋭さ、周りを睨みつけているような感じだ。もちろん、春樹チルドレンも多数。
思わず立ち寄り「お疲れ様でした‥‥」(って、やくざの親分じゃないんだから、その挨拶はないだろう…スミマセン)と失礼な僕に、眼光鋭く、
「…おう、以前どこかで?…」と一言。

確かに、学生時代に角川書店でアルバイトをしていた頃にお会いしましたが、昭和の話です。

嬉しかったなぁ。何たって憧れのカリスマ出版人ですからね。
感激のあまり、そのことを知人に話したら、
「そりゃ、ムショで会いましたかって意味だろう」って。
う~む、なるほど‥‥でも、違うって。

そこで、一句引用。
潅仏の日に獄を出る海鼠かな(春樹)


‥‥と、春樹氏についてはいろいろあるので、次回へ続く(かな)。
[PR]
by suginami458 | 2005-05-24 14:16