【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

2005年 08月 21日 ( 1 )

京都に行けず病院に行った夏…の巻。

京都の知人に会いたいし、古都に夏の終わりを告げる五山送り火も見たいし…と春から予定していた「2005年第5次京都行計画」だったけど。

突然のめまいとフラフラ脱力で、ダウン。仕事も勝手に「夏季休業」にさせていただきました。去年も「潰瘍性貧血」で入院。進歩がないってことでございます。

フラフラで、「こりゃ、院内で倒れるかもしれないぞ…」なぐらいの症状で診察受け付け。周りを見れば当然お年寄りの方々。でも、診察まで長いなあ…50分待ちました。診察は10分ぐらいだったけど。

「○○○○さん」。患者の間違いがないようにフルネームで呼ばれ、ようやく診察室へ。
「潰瘍の再発かも。胃カメラを」って、今年もう4回目の胃カメラ室へ。はじめは苦しかった胃カメラも4回目ともなると、オーケー牧場。
「ま、軽い内出血がありますね。これが貧血の原因ですね。それにしても、赤血球値が低すぎるなあ‥それから、血圧が高すぎます。ま、これが頭痛の原因ですね」。とても理路整然とした診断。「ま、内科は現在満床なので、本来なら入院したほうがいいんですけど、家もお近いし、お薬で…」

…というわけで、もらいましたお薬5種類。
タケプロン錠、アルサルミン顆粒、マーロックス懸濁内服、ストロカイン錠、降圧剤ノルバスク錠。これに、鉄分補給、ビタミンB、赤血球生成補助剤入りの点滴つき。なんだかいっぱしの病人だ(病人だけど)。

こんなに薬を飲んでも、まだフラフラ感が…。健康は命よりも大事。
そうだ、また病院行こう。
[PR]
by suginami458 | 2005-08-21 14:13