【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

2005年 12月 04日 ( 1 )

書店カバーを「書皮」という、編①

d0028933_12034100.jpg
ご趣味はなんですか? 
はあ…書店カバーを集めることです。とても、建設的な趣味でしょ、ほ、ほ、ほ。

★ そこで、2005輝け! 書店カバー大賞「ブックカバー・オブ・ザ・イヤー」年忘れ僕的ベスト5!
⑤位 有隣堂書店10色文庫カバー(写真)=10色+デザイン版がある。神奈川が本店なので入手難だったが、都内進出で割と見られるようになった。シンプルさと追随を許さぬカラフルさ、経費もかかってそう。恵比寿店では10枚157円で特別販売しているから1枚15円!

④位 紀伊国屋書店=ブルーのラインとロゴの、70年代から変わらぬデザイン。継続は力なり(実は一時期違うバージョンが出たこともある)。知性が感じられる…ような気がする。

③位 三省堂書店=これもシンプルさとクリーム色の紙質が買い。昨年、130周年記念復刻バージョンがでたけど、すぐに消えた。他企業コラボレーションカバーが多い気がする。

 で、「ブックカバー・オブ・ザ・イヤー2005」①位、②位は……続く。
[PR]
by suginami458 | 2005-12-04 12:00 | 小説・エンターテインメント