【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

2005年 12月 21日 ( 1 )

五木寛之氏が愛した京都、編。

d0028933_185339.jpg
05年も、あと10日。いろいろあったなあ。

★ 今年も京都・奈良での年越しに備えて、準備開始。京都の知人から「今年は特に寒いですよ、京都は。例年になく、もう小雪が舞うようになりました」って連絡があった。
いいではないか! 待っててくれる人がいるってことは。
この方は作家・五木寛之氏の小説にも出てくる、京都生まれ京都育ちの人。同氏のインタビューテレビにもよく出演されているが、「五木先生よう来てくれはりますが、実は、あまり先生の作品はよう読みませんの」って‥‥。よく話が合うな。

★ 以前も、「五木先生とテレビクルーの方が来て、サイン入り本をくれはりましたが、良かったらどうぞ」「朝日新聞の連載で写真を撮りに見えられ、お酒を置いていかれました。良かったらどうぞ」と、いずれも五木寛之ファンにはたまらないものばかり頂きましたっけ。

★ でも、五木先生は晩年(もう72歳‥‥十分晩年だけど)デビューした街・金沢と、休筆中に再起を図った京都、どちらに住むんだろう。僕は、京都に住んでほしいけど。

 ※写真は、本文とは何の関係もありません。夕暮れ近い街です。
[PR]
by suginami458 | 2005-12-21 18:05 | 小説・エンターテインメント