【流されゆく日日05】excite

ブログトップ

「軟禁」見出し、あなたはどっち? 編。

d0028933_1482049.jpg
福岡で、40歳の母親が18歳になる病気の女性を生まれてからずっと自宅に閉じ込めていた事件があった(写真右は6日付朝日、左は毎日新聞=いずれも東京本社版)。第1報の記事内容は下記のとおり。

【第1報・記事要旨】福岡市博多区の女性(18)が母親(40)から生まれてからほとんど外出させてもらえず、自宅に11年以上閉じ込められていたことが分かった。母親が傷害容疑で逮捕され、取り調べのなかで発覚した。女性は120㌢、体重は約20㌔だった。
同市教委や学校は女性の存在を把握していたが、対面できず結果的に放置し続けていた。

★ 朝日新聞は3本見出し「母、生後18年間娘軟禁/福岡/小・中学校通わせず」
毎日新聞は4本見出し「18歳娘を11年以上『軟禁』/傷害容疑で逮捕の母親/小中学校通わせず/福岡市教委も放置」

★ ほぼ内容は同じ(警察発表モノだから)だけど、どっちの4段見出しがインパクトがあるか。僕は、字数の少なさと「生後」の文字を使った「朝日」がいいと思うけど(18歳の女性は18年間軟禁されたのか、11年以上なのか、はさておき)。
ここが新聞編集者(整理部)の難しいところ。見出しは普通①11文字以内②インパクト③具体的に‥‥だが、「これでいいのか‥‥」と不安になることばかり。「あ、一応『教委が放置していたこと』も入れておこうかな」と思って、4本見出しになったんだろうなあ。多分、僕も後者。

★ で、朝日の3本見出しでも、読者は衝撃を受けて読んでしまうはず。スッキリしているし。僕は最近この「スッキリ」感が大事ではないか、と思っている。でも、「見出しで何でも言っちゃえ」派もいるから‥‥ここが悩みの種だ。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-07 14:08 | 小説・エンターテインメント

DoCoMoかしこも総力戦! 編。

d0028933_1814475.jpg
携帯(DoCoMo)が重くなったので、機種変更。新型902iも登場したし、型落ちで今までの機種が驚くほど安くなっていた。で、901iSにしました。つい先日まで1万円以上したのにね。

★ FOMA最新902iシリーズの「売り」は「プレイ!プッシュ!トーク!」。これが、何回話を聞いてもわからない機能。5人と同時に話せるって言うけれど、これって便利か? 尻取りしかできないじゃん。でも、この機能のために、ものすごく開発費をかけたんだろうなあ、ドコモ。
重ねて言います、これって便利? 必要?

★ 携帯キャリア一人勝ち状態(ユーザー5000万人突破)のドコモが、目を吊り上げて料金値下げや新機能・販売拡張に力を入れるのは、来06年11月から始まる「番号ポータビリティー制」(番号持ち運び制=携帯会社を代えても番号はそのまま。ただしメールアドレスは変わる)をにらんでの囲い込み戦略。
おまけに、ソフトバンクなど10年ぶりに新会社が参入する携帯業界。
だから、もう第2世代(PDC方式)の開発は打ち切ります! 商品開発はFOMAの3G、次世代4Gに総力を挙げます! これからは「生活インフラ」に注力します! というドコモ(光文社新書『ドコモとau』)。

★ auは音楽・データ重視に特化していくっていうけど、ドコモの「おサイフ携帯」など生活インフラ重視路線の方がいいような気がする(オジサンには)。戦略に誤りはないぞ、ドコモ。
 で、第3位のボーダフォンは、どうする?‥‥ 

写真は、買い換えた202万画素カメラで撮ったもの。ただの紅葉です。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-06 18:14 | 小説・エンターテインメント

書店カバーを「捨ててはいけない」、編②

d0028933_14505133.jpg
個人的書店カバー大賞「ブックカバー・オブ・ザ・イヤー2005」の1位は…(3~5位は下欄に)

②位 流水書房=濃いクリーム色のセンスの良いデザイン(写真右)。目に優しい、シンプル・イズ・ザ・ベスト。これぞ書店カバーの見本。親会社は日本洋書販売なので、青山ブックセンターはグループ書店。

輝け!①位 書楽=東京・阿佐谷駅前、埼玉・和光駅前にある深夜書店。シルバーの線が黒地に光る、極めてシンプルなデザイン(写真左)。難点は紙質がやや硬すぎること。現在は黒一色だが以前はグレー、茶、赤など多彩だった。地方からもカバーだけ購入希望もあるとか。

…え、そうなんです、僕は書皮友好協会会員なんです。「書皮」とは書店の紙カバー・包装紙のことなんです。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-05 14:50 | 小説・エンターテインメント

書店カバーを「書皮」という、編①

d0028933_12034100.jpg
ご趣味はなんですか? 
はあ…書店カバーを集めることです。とても、建設的な趣味でしょ、ほ、ほ、ほ。

★ そこで、2005輝け! 書店カバー大賞「ブックカバー・オブ・ザ・イヤー」年忘れ僕的ベスト5!
⑤位 有隣堂書店10色文庫カバー(写真)=10色+デザイン版がある。神奈川が本店なので入手難だったが、都内進出で割と見られるようになった。シンプルさと追随を許さぬカラフルさ、経費もかかってそう。恵比寿店では10枚157円で特別販売しているから1枚15円!

④位 紀伊国屋書店=ブルーのラインとロゴの、70年代から変わらぬデザイン。継続は力なり(実は一時期違うバージョンが出たこともある)。知性が感じられる…ような気がする。

③位 三省堂書店=これもシンプルさとクリーム色の紙質が買い。昨年、130周年記念復刻バージョンがでたけど、すぐに消えた。他企業コラボレーションカバーが多い気がする。

 で、「ブックカバー・オブ・ザ・イヤー2005」①位、②位は……続く。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-04 12:00 | 小説・エンターテインメント

オジサンの聖地に○○は立入禁止なのだ、編。

d0028933_17563535.jpg
ダイエー本社(東京・芝)の帰途、煙たなびく一角があった。JR浜松町駅から数分、立ち呑み処「秋田屋」=写真。オジサンたちの聖地なのだ。

★ 最近はスタンディングバーなんていって、ニューウエーブの店を集めて「トウキョウ立ち呑みスポット」というガイドブックも出ているけれど、ここは保守本流の店。白い上っ張りを着たオバサンとオジサン、お兄さんがフル回転していた。オープンエアな空間で(早い話、道路に出ているだけ)日刊ゲンダイを読みながら、あるいはタバコを吸いながらのオジサンが絵になる。冷やっこ350円、牛煮込み450円。

★ ところが、「最近、オネエチャンが進出してきて、もう本当に困るのだ」と知り合いのオジサンが怒っていた。このオジサンは東京・西新宿の「十徳」、新橋の「ジャンケンポン」、新宿三丁目の「人生再生酒場」、大阪ミナミ、大阪駅「松葉」など、各地の立ち呑み処を歩き回っている方。「化粧のにおいをプンプンさせて来るな。こういうところの流儀をわきまえろ」。

★ ホントだよね、オジサンたち緊張しちゃってゆっくりできない。〝ちょい場末〟〝ちょい裏ぶれ〟感が味なんだから。

【浜松町「秋田屋」=★★★☆☆】一見さんにはちょっと店の流儀が分からず‥‥。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-02 17:56 | 小説・エンターテインメント

NYから来た男、編。

d0028933_17362091.jpg
ニューヨークから10数年ぶりに知人が一時帰国した。彼は以前、新聞社で仕事をした仲間。現在の編集部でも寄稿していたので、ビックリした。この業界は狭いね。

★ 彼、武藤氏は大手新聞社国際部出身のジャーナリストで、現在はNYを拠点とし、ネットを中心に活躍、多数の翻訳・著作も著している。
昔、新聞社にいた頃の社会部の彼は何だかツンツン突んがって、整理部(新聞レイアウトを担当するセクション)の僕らとやりあっていたけど、10数年ぶりに会うとずいぶん丸くなっていた…お互い順調に加齢しているらしい、ほ、ほ、ほ。

★ でも、「やあ、久しぶり」と言いつつ、握手を求められたのはびっくりしたぜ。普通、日本人なら肩でもたたき合うところ(かな)。握手されて、アメリカ人のように抱きしめられたらオーマイガッだな‥‥と思った。すっかり、アメリカ人になってしまった友であった。

写真は、ニューヨーク‥‥ではなく、本文とはまったく関係ありません。
[PR]
# by suginami458 | 2005-12-01 17:36 | 小説・エンターテインメント

「路上の哲学者」は、この冬‥‥編。

d0028933_1411924.jpg
早朝06:50、新橋。出社のとき地下通路で必ずすれ違う「路上の哲学者」(角川文庫『ホームレス入門』風樹茂)がいる。段ボールを手に、混雑しはじめた駅の方に歩いていく姿は何ともいえず、寒そうで寂しい。まだ、若そうだ。

★ いま、東京都内には4263人のホームレスが確認されている(朝日新聞都内版)が、この数字は「東京都」が調べたもの。多摩川など主要河川は「国」管轄のため、さらに別の数字がある(05年夏調べで819人とも)。つまり、数字の上では都内で5082人が路上生活しているという。昨年比で1234人減ったというが、実態ははるかに多いだろう。

★ 新宿駅でもそうだが、低年齢化が進んでいるように思う。つまり、若年層のホームレスが多くなってきた。都庁に通じる通路などでも、「え、あんな若いのに‥‥」なんて思える青年が段ボールの家に入っていくのを見てビックリしたことがある。そういう若い人を当て込んでか、「1泊無料。働きませんか。簡単な解体作業」というビラが張ってある。

★ 街は、明るくクリスマスムード。毎朝、彼らの姿をみて、なにかしなくてはいけないと、「下層階級」にいる僕は思うのだけれど。

写真は本文とは関係ありません、まったく。
[PR]
# by suginami458 | 2005-11-30 14:01 | 小説・エンターテインメント

原田知世はブレンディを飲んでいた、編。

映画「大停電の夜に」は大人の作品。イブに襲った大停電の夜、ロウソクの明かりだけのなか大切な人を思い合う、ある12人の再生を描く。

★ うらぶれたジャズバーのマスターにトヨエツ、彼に恋する女のコ・田畑智子。離婚に悩む夫婦に田口トモロヲと原田知世。人工衛星マニアの少年・本郷奏多と自殺を考えるモデル。ホテルのエレベーターに閉じ込められた女性・井川遥、ホテルボーイに阿部力(つよし)、老夫婦に宇津井健、淡島千景ら…と面白い配役。

★ プロジェクトXのナレーションの田口さん、声はあの通り(当たり前か)。トヨエツは、このジャズバーのマスター役、ちょうど気取り具合がピッタリ。原田知世サンは本当に歳を取らない女性だね、いまもカワイイ&綺麗。「時をかける少女」から何年だ?(古いか)
意外だったのは、本郷奏多クン。年上の女性に引かれつつ、体を寄せ合い自転車で雪の中を疾走するシーンは何だか知らないけど胸打たれた。いいね、青少年。名前がいいぞ、本郷奏多(かなた)。神木隆之介に負けるな。

★ 冒頭「特別協力=ブレンディ」とあったから、まさか…と思ったけど、原田知世サンの長映しで、しっかりインスタントコーヒーを飲むシーンがあった。でも、こういう商品露出っていうのは逆効果にならないのかな。客席でクスクス笑いがあったもの。

【映画「大停電の夜に」オモシロ度=★★★☆☆】
12月に見るにはいいかも、の掌編。
[PR]
# by suginami458 | 2005-11-29 20:19 | 小説・エンターテインメント

新潮文庫がすごい! 『水曜の朝』で泣くのだ!  編。

美容院の帰り…じゃなかった病院の帰りに、書店をのぞくと、お! 『博士の愛した数式』(小川洋子)、『模倣犯』(宮部みゆき)が文庫になっている!

★ 新潮文庫恒例の「年末年始に読む本」フェア戦闘開始。それにしても、すごいラインアップ。胸張っていいぞ、新潮社。ほかに、『4TEEN』(石田衣良)、『ぬしさまへ』(畠中恵)、『本格小説』(木村美苗)‥‥読みたかったけれど、重い(本の重さ)ので敬遠していたものや、読み落としていた作品がズラリ。その重量級の中で、静かに僕を呼んでいる一冊が‥‥。

★ 『水曜の朝、午前三時』(蓮見圭一)。僕自身、この作品にはたくさんの思い出と、心動かされたことがある。本読みの達人・児玉清サンも泣いた恋愛小説。

★ 45歳の若さで逝った翻訳家・四条直美の回想から始まる。娘婿が遺言テープを聴きながら‥‥

(本文から)
コーヒーを飲みながら、僕は記事を読んだ。葉子が口にした一節に続けて、直美はこう書いていた。
「これでもうお終いだ。もうどうにもならない。私自身、何度そう考えたかしれません。でも、運命というものは私たちが考えているよりもずっと気まぐれなのです。昨日の怒りや哀しみが、明日には何物にも代え難い喜びに変わっているかもしれないし、事実、この人生はそうしたことの繰り返しなのです」
四条直美はそう信じていた。少なくともそう信じようとし、常に自分に言い聞かせていた。(後略)

この「運命」という言葉が、小説全体を貫く基調低音のようなテーマ。もし、あのとき、あの人を選んでいたら‥‥。あの角を曲がっていたら‥‥。

★ ちなみに、蓮見氏は元新潮社社員。
この本を刊行するとき、重役に呼ばれ、「きみ、わが社は文芸出版社なんだから、たくさんの本を出したい社員がいるんだよ。それがみんな本を出してくれといったらどうする」といわれたとか。別名で、ルポも執筆しているが、この『水曜』との落差に読まないほうが良かったような‥‥。

【『水曜の朝、午前三時』面白さ=★★★★☆】もう一度、泣くのだ。
[PR]
# by suginami458 | 2005-11-27 17:53 | 小説・エンターテインメント

新橋で紅葉狩りなのだ、編。

d0028933_16461689.jpg
紅葉が見たい…と、浜離宮(正式名は浜離宮恩賜庭園、入庭料300円)を探索。

★ 以前は紅葉や桜を愛でるなんて全然関心なかったんだけど、最近は心動かされることがある。まあ、順調に加齢している証拠でしょう、ホ、ホ、ホ(いま読んでいる奥田英朗『港町食堂』の影響だな)。

★ ところが、浜離宮の紅葉はイマイチ=写真=どころかイマニ、イマサン。あまりカエデがなく、色のバリエーションが乏しい。春はいいのかも……残念。

★ バックにそびえ立つのはdentsu本社ビル。ここはビル自体に肖像権らしいものがあって、テレビドラマでも映すとウルサイ&なかなか撮影許可が出ない…と制作プロの人がこぼしていた。まあ、写るものはしょうがない。新橋から徒歩15分で、ほんの少しの紅葉とハイテクビル群が楽しめるから、息抜きにはちょうどいいのだ。東京湾が隣なので、「いざこと問はむ都鳥 わがおもふひとはありやなしやと」(在原業平)……なのだ(何が?)。

【浜離宮オモシロ度=★★☆☆☆】
[PR]
# by suginami458 | 2005-11-24 16:46 | 小説・エンターテインメント